サーフィン ドライスーツ 採寸時の注意点

1.ドライスーツは水密製が大切です、スーツ本体、首、手首、足首からの水の浸入を最小限に抑えるため採寸は正確にお願いします。

2.ドライスーツはルーズフィットな仕上がりとなりますが採寸は正確にお願いします。

3.ブーツ付ドライスーツは内果高(内くるぶしから下)、足のサイズの採寸もお願いします。

ブーツ付ドライスーツ 使用上の注意

1.本製品の使用前に必ず取扱説明書(本文およびファスナーメーカーの取扱説明書)をお読み頂き完全に理解した上で、その内容を守ってご使用ください。
ドライスーツは非常にデリケートな為スーツの脱ぎ着は丁寧にお願いいたします。

2.本製品のご使用前に、防水ファスナーの開閉は必ず本人以外の方にきちんと閉じていただき、毎回必ず防水ファスナー、首、手首のシールに異常がないことを点検し、
かつ水深の浅い安全な水域で首まで水に浸かり水漏れがないことを確認し、スーツ内の空気を首より抜いてください。

3.運動中もスーツ内に空気が溜まりましたら、身体を前屈みにして首より空気を抜いてください。

4.本製品を着用したまま高いところから水中に飛び込まないでください、防水ファスナーへの過度の負担となり、ファスナーの損傷、防水性が損なわれる危険性があります。

5.本製品の使用時、防水ファスナーの破損、スーツ本体の破れ等により水の浸入がありましたら即刻、運動をを中止し陸上に戻ってください。

6.スーツ内に余分な空気があると構造上ネックシールが締まったり、余分な空気が抜ける際に水が浸入したり、過度な浮力となって運動性を損ねます。常に首より内部の
空気を抜いてください。また余分な空気が足部分に溜まり逆さまの状態になると非常に危険が生じます、よく理解した上でご購入ください。
上記をよくお読みになり、以下の件をご了承いただいた方のみご購入してください。

初期不良は無料にて修理させて頂きます。また使用中の破損等は有料にて修理いたしますが、ご使用に関しての事故は一切、責任は負いかねます。自己責任において
ご使用、ご購入をお願いいたします。